鬱になった時の対処法

医者

医療機関での診察が推奨

うつ病になったときの対処法は、市販の薬を利用したり、民間療法を試したりと人によって様々ですが、病院に行くという選択肢もあります。病院に行くことのメリットは多いですが、それ以前に「どこの病院に行けば良いのか」と困る人も少なくありません。うつ病を診察してもらえるのは基本的に心療内科が多い一方、精神科や神経内科などで診てもらうケースもあります。何の科を受診すればいいのかわからない場合は、近くの病院の医師に、治療を受けられる病院を教えてもらうのも方法の一つです。しかし、病院の治療を受ける意味を理解していない方が多く、市販の安定剤などで済ませてしまう方も多いのではないでしょうか。それは、決して間違った対処方法ではありません。ですが、うつ病にはいくつかの種類があります。主に大うつ病と双極性障害の二種類が重度の鬱状態として見られますが、このような状態になると市販の薬はほとんど効果がなく、逆に心に負担がかかる可能性もあります。ですので、症状に適した治療を行うためには、病院で医師の診断を受けるのが一番良いです。うつ病は主に大うつ病と双極性障害の二種類がありますが、基本的に発症する原因はどちらも同じです。まず、うつ病の手前である憂鬱な状態が悪化することで病気になります。人間が憂鬱になるときは、例えば学校を卒業して就職先を決めなければならなくなったときや、日常で何かショックなことがあったときなどが挙げられます。この場合は緊張して不安を感じたり、ショックでストレスが溜まっていたりするので、うつ病になる主な原因は生活習慣の乱れや過度なストレスなどです。大うつ病は、生活習慣が大幅に乱れるケースがよく見られます。前まで食べられていた量の食事をとるほどの食欲がなくなったり、寝たはずなのに昼間眠たくなったりする、もしくは眠たいのに夜中に寝られなくなるなどです。これらが重なると身体が弱くなって私生活に支障をきたす可能性が高くなるので、できるだけ早期に治療することが必要になります。双極性障害は、気持ちが沈むうつ状態と、気持ちが高まる躁状態が繰り返し発生する病気です。比較的患者が少ない種類ですが、躁状態になったときに周囲に迷惑をかける可能性があり、人間関係の悪化にもつながります。