病気や薬の専門家に頼る|うつ病に関する豆知識【いくつかの種類に分けらる】

病気や薬の専門家に頼る

診察

服用は自分勝手ではダメ

病気の治癒に関しては薬はつきものですが、薬の服用は飲み忘れなく行うことが必要です。病院の診断で、医師が必要な薬の処方をされることになりますが、その医師の指示に従って服用する必要があります。ただ、医師の指示より少なく、あるいは多く服用してはいけません。特に精神病の場合は効果がないからと言って必要量より多く服用する人がいます。しかし、それでは逆に薬の作用が過剰に出てしまったり、薬の種類によっては副作用などの影響により体調を崩したりする結果となります。うつ病の薬は、その効果が出てくるまで半月から一ヶ月くらいはかかります。飲み始めてすぐ効果があるものではなく、地道に服用していくことが必要です。またうつ病の種類もいろいろあり、どの薬の効果が期待でき、また処方されるかは医師の診断から決めていくものです。もし処方された薬に効果が出なければ他の薬の変えるということもします。また、薬をすぐにやめるというのもいけません。頭痛や疲れはともかく、不安がちな状態になる可能性があります。薬は徐々に減らしていき、服用する量を減らしていってからやめる必要があります。薬の相談は個人で判断せず医師や、薬の専門家である薬剤師に相談することをおすすめします。うつ病と診断され処方される薬は、いくつかの種類があります。最初に開発された「三環系」と言われるものから始まり、最新の「NaSSA」と呼ばれる種類のものまで5つのグループに分類されます。脳内の神経伝達に作用するものとして、科学的な構造や薬自身の作用などが開発されていきました。古くからあるもので「三環系」や、その次に開発された「四環系」は比較的安値で入手可能です。しかし、新しく開発された薬のほうが治癒能力が高いことから、医師の診断によっては昔の薬よりいいと判断されるケースがあります。眠れない、精神的に不安定などでうつ病の薬をほしいときは、まず精神科の医師の診断が必要となります。その医師に症状を話し、必要な処方を受けることになります。他人から特定の名前の薬が効くという情報を手に入れたらと言って、その薬を希望してもそれが処方されるとは限りません。医師は薬の希望を出されても、病気の治療の方が優先だと考えています。医師から処方をされたら、処方箋を持参して薬局に向かい、薬局で薬を購入することとなります。