治療の際の心掛け|うつ病に関する豆知識【いくつかの種類に分けらる】

治療の際の心掛け

女性

治すことに意識を

ストレスが何かとたまる現代では、うつ病に気を付けなければなりません。もし患ったら早めに病院へ行き、抗うつ剤をもらいましょう。うつ病の原因はストレスと言われていますが、厳密にはストレスそのものではなく、それによって脳機能が崩れることによって発症します。抗うつ剤は飲むと気分が安定するのですが、あれは脳の変調が改善するためです。抗うつ剤は脳の薬でもあるわけです。抗うつ剤の開発は昔から行われており、その分種類も豊富です。最初に出た薬は脳全体に緩やかに作用するもので、成分組成から三環系や四環系と呼ばれます。効き目があることは確かですが、脳全体にまんべんなく効くために、強い副作用が出ることもあります。新しい薬は比較的副作用が少なく、セロトニンと言う脳内物質に関与する種類が多くあります。うつ病患者の脳はセロトニン分泌量が乏しいことが多く、この分泌を促進することで改善を図ります。よく使われる薬がSSRIというもので、セロトニンが体内に取り込まれることを抑える働きがあります。これによって、脳内のセロトニン量を適正に保つことができます。診察の時は、病院へ行く前に費用がどれくらいかチェックしておきましょう。初回と二回目以降の料金の差異や、カウンセリングが別料金のことなどは、見落としやすいことです。うつ病にも様々な種類があり、患ったものが複数種類の薬を必要とするなら、それで費用が増えることもあります。診察費の方は種類で変わることはあまりないため、薬の量による変動を念頭に置いておきましょう。うつ病治療では、治すことを重視した行動が必要です。医師と直接話せるカウンセリングは、治療の効率化や不安の払しょくができる有効手段です。前述のように別費用の発生にはなりますが、別料金がかかるからと受けないのでは、状況確認が遅れることにもなります。次の通院までに時間が空いていても、相談すべきことがあればカウンセリングで話すようにしましょう。うつ病治療は医師と患者が共同で取り組むことであり、積極的な話し合いは必須です。相談が早くできれば解決するのも早くなるため、うつ病を治すためには診察と別でカウンセリングを受けることも考えておきましょう。