うつ病に関する豆知識【いくつかの種類に分けらる】

神経伝達物質を増やす

男性

SNRIや三環系など、抗うつ剤には様々な種類が揃っており、いずれも意欲の向上や、気分の落ち込みなどを改善する効果があります。ただし四環系やNaSSAには眠りを深める効果もあるため、うつ病の治療では睡眠作用を狙って活用される場合もあるのです。

詳しく見る

鬱になった時の対処法

医者

うつ病の場合は種類によって適切な治療方法が異なるため、病院でしっかりと診察してもらう必要があります。基本的には心療内科などで治療を行ってもらうことが可能なので、市販薬で対処するよりも医師に診断してもらう方が良いでしょう。

詳しく見る

専門病院の選択肢

病院

新型を含めた種類のうつ病は、治療方針も方法も病院によって違いもあります。多様な選択肢のある病院の方が、本人の希望や状態に合わせてフレキシブルに対応してくれるため、こうした基準で情報を集めることも大切です。

詳しく見る

病気や薬の専門家に頼る

診察

うつ病の薬は、毎日の服用により徐々に治癒されることを前提に考えられているものです。複数の種類の薬を服用されたときは、服用を間違いがちになってしまうケースもあります。できるだけ早く改善がされるよう、しっかりとした服用に気を使いたいものです。

詳しく見る

治療の際の心掛け

女性

うつ病治療で使われる抗うつ剤には多様な種類があり、効き方や効能がそれぞれで違います。料金は一定ではなく、薬の量などで変動します。必要であれば通院日以外でもカウンセリングを受けるなど、治すことを重視した行動が重要です。

詳しく見る

要因が複雑に絡み合う病気

女性

自分で判断せずに専門医へ

うつ病は原因や症状によっていくつかの種類に分けられ、それぞれの種類に合わせた治療を行うことが大切です。こころの病気を扱う心療内科や精神科では、問診や血液検査、必要であれば脳波などの精密検査を行い、総合的に判断して病名が下されます。うつ病の判断は大変難しく、環境などの外的要因や内的要因が複雑に絡まりあっていることがほとんどなので、専門家の診察が大変重要となってきます。こころの病気の多くは自覚症状がなく、家族や友人など周囲の人が異変を感じて、通院をすすめるケースが多くあります。患者本人は「自分は病気ではない」と認めたくない場合も多々あり、周囲の人が説得してもなかなか治療が進まない事例はよく聞かれます。しかし、心療内科や精神科の専門医が治療を促すことで、症状が治まり、素直に病気を認めてくれる患者が多くいることは事実です。多くのうつ病患者を診てきた専門家なので、患者も心を開いて治療を受け入れ、心の内の悩みを打ち明けやすいと言えます。また、効果が認められた抗うつ薬を服用することで、症状が治まり、患者自身も楽に生活することができます。自分自身で大丈夫だと判断せず、専門医の適切な診察を受けることで、症状が改善し日常生活を無理なく送ることができます。心療内科や精神科での診察は、カウンセリングと呼ばれる問診が中心に行われ、必要に応じて血液検査や尿検査、脳の検査などが追加されます。病院にもよりますが、初診の問診では一時間程度の十分な時間を取り、「どのうつ病の種類か」「要因は何か」などを探っていきます。また、こころの病気では医師と患者の間に信頼関係を築く必要があるため、けして焦らずに人間関係を構築して、患者が何でも話せる関係を作っていくことが大切です。うつ病には、国際的に定められた診断基準があり、たくさんの項目の内、当てはまるものがいくつあるかを判断する必要があります。項目は「気が滅入る」や「集中力が続かない」など多岐に渡り、当てはまる項目が長期間続いているかが重要なポイントとなってきます。また、「睡眠障害」や「食欲不振」など身体に直接関わる項目もあり、早急に対処した方がよい症状も判断します。こうした基準と、血液や尿の検査から得られた情報を総合して、どの種類のうつ病かを判断し、適切な治療を開始します。病気の種類によって、使用する抗うつ薬や必要な検査が異なってくるため、心療内科などの専門医療機関で診察を受けることが重要と言えます。